ABOUT

ABOUT

TOP - ABOUT

三瓶山北の原エリアに島根県産の食材にこだわったご当地ハンバーガーショップとして、2004年4月に創業しました。
三瓶山の形をイメージした特製のバンズ、つなぎを一切使用していない島根県産肉100%のパテ、トッピングの野菜なども全て島根県産のものを使用しています。地元の美味しさが詰まった、安全で新鮮な食材にこだわったハンバーガーは地元・観光客問わず高い評価をいただいております。

また人と人の縁をつなぐという志の元、縁結びの神様としても有名な出雲大社に2号店をオープンさせており、 出雲大社をモチーフにした人気メニュー「出雲スペシャル」は、出雲大社を訪れる人々の縁を繋ぐ存在となっています。

オリジナル
ゴマバンズ

三瓶山をモチーフにした三瓶バーガーオリジナルゴマバンズを使用。
グリラーを使用し焦げ目が付くまで焼き上げ、香ばしい香りと、 カリっとした食感が楽しめます。

手作りパティ

試行錯誤を重ね、肉質の柔らかさと旨みが際立つ島根県産の牛肉と、 島根県産の豚肉を使用し、日本人の口に合いやすいとされる合い挽き肉はつなぎを使用せず作っております。
それをスタッフの手でひとつひとつ手作りで形成しており、機械にはない自然な仕上がりになっています。

の力で香ばしく

高温になった炭から発せられる遠赤外線の効果で、食材の表面組織を硬化させ、うま味を外に逃がさないようになっています。
炭火で焼くことで余計な脂が落ちる効果もあり、冷めても美味しいハンバーガーに仕上がっています。

生産者の皆様

生産者の皆様

島根ってどんなところ?

島根ってどんなところ?

島根県は、出雲地方、石見地方、隠岐地方の三つの地域に分かれています。
たくさんの自然に囲まれてのんびりと過ごせる場所でありながら、パワースポットや国宝、世界遺産などもあり、神秘的な雰囲気も携えています。中でも出雲大社は縁結び、恋愛のパワースポットとしても有名な観光スポットで、女性観光客にも人気の高い場所となっています。

島根の名所・名産品

地図上のイラストをクリックすると説明が表示されます。

map

松江城

1607年に出雲・隠岐2カ国を所領した堀尾吉晴・忠氏により、築城。
実践的な天守として名高く、鉄砲狭間や石落としなどの軍事設備が備えれている特長があります。
桜の名所としても有名で、松江城山公園は日本さくら名所100選に選ばれています。園内は、シーズンになるとソメイヨシノ・ヤエザクラ・シダレザクラの約200本の桜が咲き、訪れるものを楽しませるスポットとなっています。
2015年に 国宝に指定されました。 

わさび醤油漬け

わさびの産地としても有名な三瓶山のわさびを醤油ベースの三杯酢で漬けており、爽やかな香りとツーンとくる刺激、三杯酢の優しい風味が楽しめます。
三瓶バーガーでは三瓶町産のわさびしょうゆ漬けに、マヨネーズを和えたわさびマヨネーズを使用し、本店では一番人気のバーガーとなるほど人気が高いです。

三瓶山

島根県の中央に位置し、標高1,126mからなる男三瓶を主峰とし、女三瓶、子三瓶、孫三瓶などの六つの峰が連なる火山となっており、登山コースとしても人気が高いです。鳥取県の大山と、三瓶山に綱をかけて国を引っ張ったという「国引き神話」が語られています。
また三瓶山にはブナの天然林が残り、こちらは国の天然記念物にも指定されています。
三瓶山でのアウトドアが楽しめる北の原キャンプ場、三瓶鉄分を多く含んだ泉質を持つ三瓶温泉など行楽施設があり、三瓶バーガー発祥の地としても有名です。 

出雲そば

島根を代表するご当地グルメで、岩手のわんこそば、長野の戸隠そばと並び、日本三大そばのひとつとなっている。
殻付きのそばの実をそのまま製粉し、ひきぐるみのそば粉で作られています。
色が黒っぽく、豊かな風味とコシの強さが特徴です。
食べ方にも2種類の特徴があり、三段重ねの丸い容器に盛られる「割子そば」、蕎麦湯と一緒に食べる「釜揚げそば」が出雲流で、そばつゆは直接そばにかけて食べます。

のどぐろ

名前の由来は口の奥ののどが黒いため。
とろけるような白身の脂身とその美味しさから、幻の高級魚と言われています。
浜田港で水揚げされるのどぐろは、栄養が豊富な山陰沖西部海中のプランクトンなどを食べて育ち、国内最高峰の品質と言われています。
お土産としても人気があり、干物やお茶漬けなどの加工品も定番のおみやげとして人気が高いです。

三瓶バーガーロゴ

ロゴの由来

創業の地となった三瓶山をハンバーガーに見立て、
上からハンバーガー・トマト・パテの順となるようにアレンジし、
地元に名物を作るという想いからこのロゴを制作しました。